お庭のはなうた

オハナが日々をまったり過ごしていく雑記ブログ

100均のプラバンであそぶ!

こんにちは!

最近は焼けるように暑いですね!

 

つい最近、100均のプラバンを使ってアクセサリーを作りはじめました。

 

↓こんなん。

f:id:oniwa_hanauta:20190731122059j:plain

プラバンにUVレジンでコーティング

 

 

ポケモン絵にプラバンアクセ……最近は『すみっコぐらし』なんかにもハマってるので、姉の旦那からは「女子か!」と笑われました。

 

 

なんでや! 好きなことに男も女もないやろっ!!!

 

 

とは言えず、「ははは~」と愛想笑いしただけなんですけどね。。

 

いやでも、楽しいので今後も続けていきますよっ( ・ㅂ・)و

 

 

 

 

 

ともあれ……。

 

先日に創作過程を簡単に写真に収めたので、今回はそれを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

プラバン

 

今回使用したプラバンはこちら。

f:id:oniwa_hanauta:20190731123005j:plain

(反射してすみません…!)

f:id:oniwa_hanauta:20190731123237j:plain

ダイソーさんの『B5サイズ 半透明フロストタイプ』のプラバン。

 

片面がつるつる、もう片面がヤスリがけしたようにザラザラしてるタイプです。

 

つるつるだと色鉛筆で色が塗れないので、ザラザラっと加工されてるんですね。

 

全部油性マジックで塗るという方は、両面つるつるのタイプを買ってもオッケーです。

ただ、油性マジックだと、オーブンで焼いた際に色がかなり濃くなってしまうので、調整が難しいんです。

なので私は、調整が比較的簡単な色鉛筆で着色してます。

 

もちろん、Seria(セリア)など他のお店でも売ってます。

 

ツイッターのフォロワーさんに紹介していただいたプラバンも使ってみたいのですが、うちの近くでは売り切れてて…。

それだけ需要のある商品なのかも…。

 

(※…と思ったらなんとAmazonで売ってた!さすがっす!)

 

 

絵を描く

 

まずは、ノートや画用紙に元となるイラストを描きます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731123942j:plain

↑ポケモンのラルトスを描きました! 8/3のコミュデイが楽しみですね(゜▿゜)

 

続けて、絵にプラバンを重ねて、主線をなぞっていきます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731124143j:plain

つるつるした面がこちらを向くように重ねます。

そして主線を油性マジックでなぞっていきましょう。

 

この時、下絵とプラバンが動いてしまわないように、セロテープ等で留めておくのがいいです。

 

主線を描き終えマジックが乾いたら、プラバン裏返して、次はザラザラした面に色を塗っていきましょう。

f:id:oniwa_hanauta:20190731124609j:plain

↑色鉛筆を使います。

f:id:oniwa_hanauta:20190731124715j:plain

↑こんな感じ。色違いラルトスです(*´▿`*)
お好みで背景なども色づけしてあげてもOK。

 

 

加工する

 

では次に、プラバンの形を整えていきましょう。

 

まず、自分の好みに合わせてハサミでカットします。

f:id:oniwa_hanauta:20190731125000j:plain

↑文房具のハサミで簡単に切れます。

 

この状態ですぐに焼ける状態なのですが、今回はアクセサリーにするために工夫をしていきます。

 

私はまず、プラバンの側面をヤスリで軽く磨きました。

万が一、ハサミで切り離した部分がささくれてたりして、ケガをしないようにです。

 

棒ヤスリでも紙ヤスリでも何でもいいとは思いますが、紙ヤスリの方がきめ細やかに仕上がって良いかも。

f:id:oniwa_hanauta:20190731125200j:plain

f:id:oniwa_hanauta:20190731125653j:plain

↑私は、ヘラに紙ヤスリ(400番)を両面テープで貼り付けて使ってます。

かつてガンプラを作ってた時から重宝してる神アイテムw

(プラバンづくりに限っては、ここまでこだわらなくても良いです…^^;)

 

 

 

 

次に、プラバンの頭部分にパンチで穴を開けていきます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731130651j:plain

穴あけパンチも100均に売ってます。100均便利!

 (そして開けた後の写真を撮り忘れるミス;)

 

 

オーブンで焼く

 

 

では、いよいよ焼き入れていきましょうか!!(←

 

……ですが、その前に。

 

焼く作業はなにかとタイミングが大事になってくるので、準備できるものは先に済ませておきましょう。

f:id:oniwa_hanauta:20190731131953j:plain

重し代わりの辞書、下敷きがわりのノート。焼いてすぐに、プラバンを押さえるのに使います。

 

辞書なんて十数年ぶりに引っぱりだしてきたw(引いてはいませんw)

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731132222j:plain

。焼いたプラバンを直で触ったら火傷するからね!

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731132348j:plain

アルミホイルをくしゃっと。ここにプラバンを乗せて焼きます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731132513j:plain

↑横から。

ギザギザの点にプラバンが乗ることで、焼いた時にへばりつくのを防ぎます。

 

……ちなみに、裏表は気にしなくて大丈夫です。

工程上たまたま光沢の差が出るだけらしく、性能は全く変わらないみたいですよ!

 

次に、オーブン予熱

f:id:oniwa_hanauta:20190731132933j:plain

手を近づけて、ほんのり熱くなってたらOKかな?

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731133153j:plain

↑うちのオーブンは1200wなんですが、こんなに強くなくても大丈夫ですw

160℃くらいで熱するのが最適なのだとか。

 

 

 

(※調べたところ、スイズさんという方が『プラバン工作用オーブントースターおすすめ3選!』なるものを紹介くださっています! 本格的にマイトースターが欲しい!という方は参考にしてみてはいかがでしょうか)

 

 

では、ついに投入します……!

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731133333j:plain

↑ここは毎回ドキドキですw 向きに関してはまだ調査中。。

今のところはこの向きで上手くいってます!

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731133657j:plain

↑焼き始めてすぐ、プラバンが歪みだします。 

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731133747j:plain

 ↑しばらくすると歪みが落ち着いてきました。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731133828j:plain

↑平たく戻りました。この間ほんの十数秒!

ここで準備し忘れてたら慌てるぞっ!

 

では取り出します~ε≡ヘ(*´ω`*)ノ 

f:id:oniwa_hanauta:20190731134326j:plain

↑アルミごとオーブンから取り出し、プラバンだけをノートと辞書で挟みます(うちの子が写っちゃってる…w)

プラバンが冷めるまでしばらく放置。数十秒もすれば冷めると思います。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731134614j:plain

↑上手に焼けました~٩( 'ω' )و(モンハン風)

 

 

仕上げ

 

さいごに、UVレジンを使って仕上げをしていきます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731140152j:plain

↑今回使ったのはこれ。同じくダイソーで購入。

 

何でもあるな100均!

もはや何でもあり!!←

 

ただ、ここで悲劇が起こります……。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731140502j:plain

↑……お分かりいただけるだろうか……。

 

実は、レジンを塗った瞬間に主線(油性マジック)が滲んで溶けたんです…!

写真はティッシュで拭き取ったあとの状態……。

マジックがスッキリなくなったorz

 

で、最初の工程からやり直しましたww

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731140731j:plain

↑再びラルトス。

 

次は「TOP COAT デコパージュ仕上げ液(←これも100均)」を先に塗り、それが乾いた後でレジンを塗る戦法に切り替えます…!

 

こちらも、フォロワーさんに教えていただいたやり方です。たくさんのフォロワーさんに支えられてる人生だった…(遠い目)

 

(※なぜ溶けるのか、未だにわかっていません。材料の相性の問題なんでしょうけど……もう少し他の方のやり方を見て勉強せねば…)

 

トップコートを薄く塗り、数分置きます。

そして、しっかり乾いたら次は再びレジンを塗っていきます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731141129j:plain

(↑表面は撮り忘れ; 裏面も塗り方は一緒です!)

プラバンの真ん中にぶちゅっと出して、爪楊枝で広げていくのが一番やりやすいと思います( ・ㅂ・)

 

塗り終えたら、日の当たる場所に移動して紫外線をたっぷりと浴びせます。

f:id:oniwa_hanauta:20190731141439j:plain

↑UVレンジは、紫外線に当てることで硬化を始めます。

なので、レジンを使用する時は晴れた日にするように気をつけてくださいね!

 

・表を塗って、日に当てる。
・裏を塗って、日に当てる。

この順番でやってください。

 

……で、裏も表も乾いたら。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190731141840j:plain

 

ようやく完成しました!!٩( 'ω' )و

 

やったー!!

 

この瞬間は何度作っても嬉しいです!

自作の醍醐味ですね!

f:id:oniwa_hanauta:20190731142343j:plain

で、同じく100均で買ったストラップを取り付けたら、素敵なアクセサリーになりました!

 

 

おわりに

 

めちゃ長くなってしまいました…!

お付き合いくださりありがとうございますm(_ _)m

 

以上が、だいたいのプラバンアクセ作りの工程です。

 

材料や道具はほぼ100均で揃うし、それでこれだけ楽しめるんだから、コスパ最強ですね!!

 

プラバン作り、「やったことないけど興味ある!」という方は、ぜひぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

私も、より素敵な作品が作れるよう、これからも楽しく精進していきたいです(*´ω`*و

 

 

ではではノシ