お庭のはなうた

オハナが日々をまったり過ごしていく雑記ブログ

おすすめ【Anker PowerCore 10000】+α を今更レビュー

 

こんにちは、はなうたです。

 

今回は、私が普段よく使っているAnkerのバッテリーを2つ紹介したいと思います。

 

【PowerCore 10000】

【24W 2ポート USB急速充電器】

 

それぞれ人気商品なのでご存知の方も多いかと思いますが、実際使ってみてかなり重宝してるので、おさらいがてらレビューしてみます!( ・ㅂ・)و

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812110659j:plain

 

私は普段、外出時に電話もそんなにしないし、ネットもほぼPCで済ませます。

充電器こそ必要ですが、モバブまでは必要ない……

 

……そう思って時期がありました。

 

でも、ある時を堺に突如、外出時にバッテリーが不足する事態は頻発するようになったんです。

 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

 はい、『ポケGO』です!w

 

これを始めてから、外出時のバッテリー消費量が跳ね上がりました。

おかげで、今ではモバブは生活(ほぼGO活)の必需品です。

 

今回は、主にモバブ【PowerCore 10000】のレビュー。

それに付随して、以前から何かと重宝している【24W 2ポート USB急速充電器】も紹介していこうと思います。

 

 

 

Anker PowerCore 10000の概要

 

外観・付属品

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812114928j:plain

 見た目はこんな感じ。

 

シンプルで上品な印象ですね。

このシンプルなデザインも、私が数あるメーカーからAnker製品を選んだ理由の1つです。 

 

大きさは、横92 × 縦60 × 奥行22(mm)

重さは約180g

 

この容量(10,000mAh)のモバブでは最小・最軽量クラス。

 

青いランプは、バッテリーの残り容量ですね。

4段階で表示されるのでわかりやすいです。 

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812120206j:plain

iPhone6と比較。

 

撮影にiPhone XSを使用してるので、以前使っていた6と比較してみました(笑)

 

コンパクトで、カバンに入れてもさほど場所をとりませんね。

ただ、小さいカバンだと邪魔に感じるかも…?

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812122939j:plain

ポート部分。

 

USB出力ポートが1つ、そして本体を充電するためのMicro USB入力ポートがあります。

 

記されている"IQ"の文字は、Anker独自の『PowerIQ』という技術の証明です。

 

>>「PowerIQ」とは?

参照:Anker HP

 

簡単にいえば、「繋いだ機器ごとに自動で適切な充電をするよ!」ということですね。

 

かがくのちからってすげー!←

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812123713j:plain

付属品として、メッシュのポーチ本体充電用のケーブルがあります。

そして取扱説明書。

 

ケーブルは、長さ約60cm。

Micro USB対応のスマホや機器にも使えますよ!

 

ただ、iPhoneやMicro USB以外のスマホ等を使う方は、別途ケーブルを用意する必要があります。

 

私も、モバブと同時にLightning対応のケーブルを買いました。

 

 

そして、正規取扱店(AnkerDirect)で購入すると、18ヶ月間保証を受けることもできます。

1年半はデカイね!

 

特長

 

Anker PowerCore 10000のバッテリー容量は、10,000mAh

 

iPhone XSだと容量が2,658mAhなので、単純計算で約3,7回充電できることになります。

 

ただ、感覚的にはもうちょっと少ないかも。。

 

私も詳しく検証していないのですが、バッテリー残り20%を切ってから100%まで充電し、それを2回繰り返して、その時点でランプが2つ光ってるかどうか……というところでした。

てことは、2.5回ぐらい??

 

まぁ、1日に2回ほど充電する私なので、これで十分です(笑)

 

価格は、2019年8月12日現在で2,800円くらい。

この製品には最新モデルもあって、性能や価格で判断してもいいですね。

(※新しい方も3,000円しないので、今なら新しいモデルのほうがいいかも!) 

 

 

Anker PowerCore 10000の使用感

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812131234j:plain

iPhone6の充電風景。

 

ケーブルを繋いでモバブのボタンをカチッとするだけなので、超簡単です。

 

短めのケーブルなら繋いだ状態で持ち運ぶこともできてGOOD( ・ㅂ・)

GO活にも役立ちますw

 

充電速度は、急速充電が売りなだけに速い印象でした。

 

こちらも正確な時間は測定していないのですが、iPhone付属の充電器で充電するよりは遥かに速かったです。

 

 

大容量でコンパクト。

操作も簡単で、使用感はとても快適。

 

あと、出かける時もそうですが、災害の避難時にもあると安心。

情報収集でスマホなどを使うことも多く、そのためにもバッテリーが1つあればかなり変わってきます。

 

 

欠点を挙げるとすれば、本体の充電事情ですかね。

 

上述したように、Micro USB対応のケーブルが付属するのですが、それだけだとUSB端子のある主電源からしか充電ができないんですよね……。

 

そこで私は、以前から持っていた【Anker 2ポート USB急速充電器】を使うことにしました。

 

 

Anker 2ポート USB急速充電器

 

私がこのUSB急速充電器を買った理由は、スマホの充電。

 

もあったのですが、主にこちらに使っていました。

f:id:oniwa_hanauta:20190812140834j:plain

スーファミミニのアダプタの代わりとしてw

全く不自由なく使えてますよ!

 

いざ外出となったら、スマホの充電器としても持ち出せるし、一石二鳥を狙っていたんです。

 

ま、充電器を使用するような外出は滅多にしないんですけどね…(笑)

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812134844j:plain

 本体。

私は男性でも手が小さい方なのですが、それでもコンパクトに感じます。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812135824j:plain

2ポート。

f:id:oniwa_hanauta:20190812135847j:plain

プラグ。

折りたたみ式なので持ち運びにも便利です。

 

f:id:oniwa_hanauta:20190812140419j:plain

こんな感じで充電します。

f:id:oniwa_hanauta:20190812141147j:plain

2ポートなので、ケーブルさえあればスマホとの同時充電もできちゃいます!

 

ただ、モバブ本体を残量0から充電すると、この急速充電器をもってしても時間がかかります。

10,000mAhもあるし、そこは仕方ないけどね;

 

まるまる充電する時は、だいたい5~6時間はみておいたほうがよさそうです。

 

 

まとめ

 

以上、Ankerの【PowerCore 10000】【24W 2ポート USB急速充電器】のレビューでした!

 

PowerCore 10000に関しては、私の両親も愛用してます。

家族揃ってGO勢なのでw

 

モバイルバッテリーの 発火問題もたまに耳にしますが、今のところは充電中に少し温もるくらいで、全く問題ないです。

そのへんも考慮して、品質に定評のあるAnker製品を選んだのもあります。

 

……まわし者じゃないですよ?w

でも、バッテリーに関してはAnkerが断トツで安心感があります!

 

急速充電器も、スマホのアダプタの予備として1つ持っておくのもいいかなぁと思います。

私も一度、iPhone付属のアダプタが突然壊れて困った経験があります。

その時に予備があれば楽だったのにな(遠い目)

 

てことで、モバブに悩んでるなら、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

ではではノシ